推進背景

推進背景

ソウル市はガバメント2.0の概念がまだ一般的でなかった2011年、民選5期の朴元淳市長就任以降、参与民主主義に対する様々な政策を施行しましたが、核心公約として「疎通、協力、参与」の開かれた市政2.0を提示して、ソウル情報コミュニケーションプラザを通したソウル市の全ての行政情報の提供と、市民の自由な政策参加のための土台を確立しました。

推進背景

推進背景

情報公開 → 情報共有 & 疎通・参与

  • 市民のために働く → 市民と一緒に働く
  • ソウル市が独自で決める → 市民と一緒に決める
  • 問題が解決されるまで待つ → 一緒に問題を解決する

情報公開政策方向

ソウル市は法律で決まった非公開事項を除く全ての行政情報を透明に完全公開しています。これを通して、市民の知る権利の保障と行政の透明性及び説明責任性を確保しています。そして、情報コミュニケーションプラザを通して、ソウル市の多彩な行政情報を集め市民に知らせています。

ヌードプロジェクト diagram

ヌードプロジェクト diagram

ヌードプロジェクト
  • 市民の知る権利保障
  • 行政の透明性確保 - 法律で決まった非公開事項を除く全ての行政情報を透明に完全公開
  • 行政の責任性確保 - 市民の知る権利の保障と行政の透明性及び責任性確保

ソウル情報コミュニケーションプラザ

ソウル市はこのようなヌードプロジェクト実現のために、文書公開システムと情報コミュニケーションプラザを革新的に構築し、行政情報を自動的に公開して、市民がスマホなどの多様な端末で行政情報を簡単にアクセスして活用できるようにすることで、より効果的かつ実質的に行政情報を公開しています。